インターネットや情報誌などで、合宿免許の広告をご覧になった事のある方は多いのではないかと思います。

自宅から最寄りの自動車学校に通う場合と合宿免許で取得する場合とでは、どのような違いがあり、また、合宿免許にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、免許取得にかかる費用に大きな違いが出ます。


普通免許MT車の場合、自宅から通う場合の相場はおよそ30万円程度になりますが、合宿の場合、時期により変動はありますが、おおよそ23万程度となります。



時期によっては20万を切る場合もあります。

このように、7~10万円程度の差が生じ、格安で免許を取得する事が出来ます。

浮いたお金はマイカー購入資金の足しにしたり、その他カー用品の購入資金に回したり出来ます。

仮免許からスタートする合宿免許プランについて知りたい方のお手伝いをします。

2つ目のメリットとして、短期間での免許取得が可能という点です。

自宅から通う場合、カリキュラム毎に予約を取らなければならず、学生の多くなる1月~3月は、特に予約が取りにくくなり、結果として期間が伸び伸びになってしまう場合があります。
その点では、合宿の場合、あらかじめカリキュラムがみっちり組まれており、およそ2週間程度で取得が可能となっております。



しかし、逆を言えば、2週間程度の空いた時間が必要であるため、会社等で働いている社会人の方に合宿での免許取得は難しいかもしれません。


やはり、合宿免許はお金は少ないが時間はたっぷりある、大学生に人気があるようです。