Google/Maps/Platform

GoogleMapsPlatformを導入する利点

GoogleMapsAPIは、無償ライセンスと有償ライセンスに分けて提供されていましたが、2018年6月にライセンスが統合され、GoogleMapsPlatformとしてサービスが展開されるようになりました。

GoogleMapsPlatform関する情報選びといえばこちらのサイトです。

以前のAPIとの大きな違いは、無償で利用出来るのは1ヶ月2万回強の地図表示であり、従来よりも大幅に減らされています。更に、GoogleMapsPlatformを使うにはクレジットカードか、デビッドカードの登録が必須になっていますので、企業が商用利用を考えているのであれば、法人用のクレジットカードで決済が出来るように登録しておく必要があります。


無償でAPIが使えていた頃に比べますと、クレジットカード登録などをする必要が生じて幾分不便になっていますが、最初から従来の有償ライセンスと同じ機能を使う事が出来ますので、将来的に有償ライセンスに乗り換える事を考えている企業にとっては、使った分だけ課金される今回の仕組みは、上手に使えば、コストダウンを図る事が可能です。



GoogleMapsPlatformの強力な機能を活用する事で、カスタマイズ化した地図コンテンツ作りが行えます。

集客力を高めていくには、Webページに地図コンテンツを上手に活用していく事が必要になってきています。

地図コンテンツは店舗検索との相性が良いですので、多くの企業はそのような使い方を行っており、顧客が実店舗へ来店する仕組み作りを強化しています。



  • GoogleMapsPlatformのみんなの常識

    • GoogleがWebGIS(GeographicInformationSystemの略で、地理情報システムの意)サービスを提供しています。これまでは幾つものAPI(ApplicationProgrammingInterfaceの略で、応用ソフトプログラムインターフェース)をGoogleMapsAPIsPremiumPlan(プレミア版では従量課金方式でライセンス料を含んでいます)とGoogleMapsStandardPla(スタンダード版では一定のAPIアクセル回数まで無償、それ以上は従量課金方式)が有りましたが、2018年6月からはPlanが一つになり、名称がGoogleMapsPlatform(US$200までは無償で、超過した分は従量課金になります。...

      detail
  • GoogleMapsPlatformの最新情報

    • 皆さんはグーグルのマップをご利用されていますでしょうか。ほとんどの方がそのサービスの利用をして便利に生活を送っています。...

      detail
  • これからのGoogleMapsPlatform

    • GoogleMapsPlatformは次世代を担う革新的なサービスとして開発され提供が始まりました。これまであったGoogleMapsAPIとは異なる点がいくつかあります。...

      detail
  • 1から学ぶGoogleMapsPlatform

    • GoogleMapsPlatformは従来あったGoogleMapsAPIのサービスをこれまでの機能はそのままで、さらに使い易いものにしたものです。GoogleMapsAPIは、グーグルマップをWebサイトに挿入するための仕組みのことで、グーグルマップのアプリ以外で、開放されたGoogleマップの機能を利用してマップをWebサイトに反映されるために使われており、店舗検索の経路案内や企業のホームページアクセス等日常的に利用されています。...

      detail