Google/Maps/Platform

  • Google Maps Platform

    • GoogleがWebGIS(GeographicInformationSystemの略で、地理情報システムの意)サービスを提供しています。

      お手軽なGoogleMapsPlatformを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

      これまでは幾つものAPI(ApplicationProgrammingInterfaceの略で、応用ソフトプログラムインターフェース)をGoogleMapsAPIsPremiumPlan(プレミア版では従量課金方式でライセンス料を含んでいます)とGoogleMapsStandardPla(スタンダード版では一定のAPIアクセル回数まで無償、それ以上は従量課金方式)が有りましたが、2018年6月からはPlanが一つになり、名称がGoogleMapsPlatform(US$200までは無償で、超過した分は従量課金になります。

      以下GMPlatformと略す)になりました。


      ライセンス料は、APIの所有権では無く、単なる使用権で、有償ならばライセンス料が含まれます。

      APIにはJavascriptAPIやGeocodingAPI、PlacesAPIがあります。

      GMPlatformを利用するにはキーが必要になり、アクセスする場合にはキーをCoding(コード化)する必要があります。



      GMPlatform(日本語ではGoogleマップ)を利用するには、OSにMacOS、Windows7以降、ChromOS、Linuxのいづれかで、ブラウザはChrome、Firefox、IE、Safari、Edge、のいづれかの最新バージョンが必要です。