Google/Maps/Platform

  • Google Maps Platform

    • 皆さんはグーグルのマップをご利用されていますでしょうか。

      ほとんどの方がそのサービスの利用をして便利に生活を送っています。


      特にストリュートビューと機能は現地に行かずとも現地の街並みや状況が把握できる機能は重宝に利用しています。

      GoogleMapsPlatformに関する情報満載のサイトです。

      そのグーグルマップですが、この度2018年の7月16日から仕様変更されることとなりました。『GooglemapAPI』が『GoogleMapsPlatform』へと移行され、大きな変更ポイントはAPIキーを作成することが必要になる点と料金体系が見直しされる点です。

      キーの作成に関しては、グーグルの指示に従い進めていけば作成する事ができるようになり、料金体系については、『GoogleMapsPlatform』では現行のスタンダードプランとプレミアムプランがありましたが、プレミアムプランの『従量制』のサービスに統合される形となります。



      この度のサービスでは1月あたりの使用量が200ドルまでは無料で使用することが出来、それ以上かかるものに関しては費用を追加で支払うという仕組みです。



      現行のスタンダードプランに無かったものでプレミアムプランに付いていた24時間テクニカルサービスが今回の統合により利用できる形となり、複雑になっていた仕様を統合することによりサービス利用者にとっては『GoogleMapsPlatform』は非常に便利になり、よりユーザーが増えるというグーグルのビジネスモデルは今後も利用者にとっては有難い存在である。